以前から、保険は金持ちには不要の金融商品だと言われてきました。

その本質は万が一の経済的リスクに備えるものであって、すでに十分な貯蓄があるなら、経済的リスク自体が小さいと考えられるからです。

相続税などの節税目的は別として、例えば3億円のキャッシュを持っている人に、1000万円の死亡保険が必要だとは思いませんよね。

保険が本当に必要なのは、貯蓄だけで将来の経済的リスクに対応できない人です。

つまり、一般的な平均年収前後の大多数の人のために保険は存在しているといっても過言ではありません。

そこで、今回は年収別でみる保険選びのポイントについてお話したいと思います。




最適な保険は家庭の年収で変わる?

”保険は万が一のときの備え”というのは、皆さん共通の認識だと思います。

かといって、保障内容を厚くすればそれだけ保険料は上がり、保険料が家計を圧迫するのは当たり前ですよね。

払える範囲で保障を確保するという、シンプルな考えで保険と向き合うべきというのが大前提になります。

保険商品は数多くありますが、本当に必要な保障は限られています。

まずは、年収に応じて毎月払っていける範囲の予算を出して、それに応じた保障を備えていくことが大切です。

そのためには、限られた予算の中でどう優先順位をつけるかがキモになり、家族構成やライフプランにもよりますが、子どものいる父親にとって保険料の支払いに回るお金が5000円しかない場合、医療保険に全額回すのは得策とはいえません。

万が一の際に備えて死亡保険を備えておくのが一般的な考えです。

とはいえ、保険代理店に行くと予算を無視して商品の案内を始められることもあるため、まずは現在の収入内で予算をきちんと立てておきましょう。

保険料の支払いが子どもの養育費や進学費、住宅購入など、家計を過剰に圧迫するのは本末転倒といえますので、注意が必要です。

年収別でみる保険選び


年収別でみる保険選びのポイントとは?

では、実際に平均的な年収として年収300万円、500万円、700万円の3パターンに分け、それぞれの保険選びのポイントをみてみましょう。

年収300万円の場合
月額予算1万円(1万円で最低限の保障を用意)

不景気な今日、年収が300万円台の人も少なくありません。

年収300万円であれば、単純に考えれば毎月25万円程度で保険料の捻出が難しい年収モデルといえます。

とはいえ、最低限の保障だけで設計すれば一家全体で月額1万円以下の保険料でも十分に対応することができます。

貯蓄性の高い保険商品を選ぶことは難しいので、掛け捨てで保障内容を出来るだけ厚くしましょう。

ポイント①死亡保障は収入保障1本で確保しましょう。

※死亡保険は保険料の安い収入保障保険を優先に。保険金は年金のように毎月もらえますが、金額は一定のため受け取り総額は死亡時が満期に近づくほど少なくなります。

ポイント②がん保障は最低限でOK

※がん保険は治療費が全額保障される実損補填型を選択するのがおススメ(定期型のため終身型と比べて保険料が安い)

次に、年収500万円の場合の保険選びのポイントについてみてみましょう。

年収500万円
月額予算2万円(低保険料の収入保障保険で死亡保険のバランスを調整)

年収500万円の場合は、年収300万円の場合の月額保険料の2倍の予算を持っているのですが、実は一番保険選択が難しい所得層といえます。

予算がある程度あるからといって、あれもこれもと付けてしまうと簡単に2万円に到達してしまいます。

死亡保険は保険料が安い収入保障保険と、一時金で手厚い定期保険を上手く組み合わせて保険料総額を調整しましょう。

また、経済的負担の大きいがん治療は妻の分も忘れずに付けましょう。

ポイント①収入保障保険+定期型で死亡保障を二重にカバー

※収入保障保険は年金タイプで保険料が安いという特徴があります。定期保険は保険期間内は保険金一定の一時金タイプですが、保険料はやや高めで両方加入する場合は比重を上手く調整しましょう。

ポイント②妻のがん保険は必須!

※国立がん研究センターによると、49歳までのがんの罹患率は男性よりも女性の方が高いという報告があります。そのため、妻の保障はがん保険を中心に設計しましょう。

では、最後に比較的高所得とされる年収700万円世帯の保険選びのポイントをみてみましょう。

年収700万円
月額予算3万円(3大疾病や介護、など幅広いリスクに備える)

年収が500万円を超えるような高年収のモデルケースでは、年収300万円世帯の3倍の月額3万円という予算で設計するのがおススメです。

年収500万円のモデルケースでは、妻はがん保険の加入が必須でしたが、年収700万円になるとがん保険だけでなく死亡保険にも加入し、万が一の家事負担のコストやガン治療の経済的リスクに備えましょう。

また、夫は死亡保険だけでなく3大疾病向けの保障や介護保険にも加入がおススメです。

ただ、介護費用をすべてカバーできるわけではなく、あくまで経済的負担の軽減が目的。
民間介護保険加入のポイントと支給要件とは?

ポイント①三大疾病を中心に設計

※がん、急性心筋梗塞、脳卒中は死亡率が高く、治療費も大きな金額になる傾向が強いといえます。

ポイント②介護保険にも加入し、介護の一時出費にも備える

※介護の一時出費では、30万円~200万円かかる場合があるので、急に介護が必要になったときも経済的リスクを出来るだけなくしておきましょう。

 

日本人には貯蓄性の高い保険商品が好まれる?

年収別でみる保険選びのポイント”では、予算に応じて必要最低限の保障内容を設計していくことを前提にしているので、基本的には掛け捨てスタイルとなります。

日本人は掛け捨てが嫌いなので貯蓄性のある商品が好まれる傾向にあります。

ただ、そういった商品は掛け捨てより保険料が高く、また貯蓄性が高いとはいえ、解約したときの返戻金が支払った保険料を上回るまでは長い期間払い続けなければならないので、慎重に考える必要があります。

もちろん、保険料を払いながら貯蓄もできる保険商品は、機能性も高く多くの人に人気があり、貯蓄が苦手な人が『保険と貯蓄をまとめて済ませたい』という目的で選ぶことお少なくありません。

また、学資法顕は保険料免除とあわせて『子どもの進学費は独立管理して貯めたい』というニーズに沿った商品になります。

年収に沿って無駄のない保険に加入したいと思ったときは、学資保険を除き、将来のインフレ率や現在の金利の低さに加えて、長い期間返戻金が少ない(支払った保険料総額に応じて元本割れしている)という点を踏まえると保険で貯蓄という考え方は方向性がズレてしまうといえます。

年収べつ保険選びtec_estromberg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る