Vive La Palestina

前回は、値上げの影響を受けずに地震保険に加入する方法についてご紹介させていただきました。

保険の基本的な考え方として、発生する可能性は低くても、万が一発生した場合に対処困難なリスクに備えることが大切です。

実は、最近『ミニ保険』という保険商品に人気があるのですが、ミニ保険は保障額が少なく、様々なジャンルに分かれているうえ、必要な人が限られるものも多いので一般的な保険以上に慎重に選ぶ必要があります。

そこで今回は、ミニ保険とは何か?ということから加入すべきかどうかについてお話させていただきたいと思います。




ミニ保険って何?

ミニ保険とは、2006年4月1日の改定保険業法で生まれた比較的新しいタイプの保険です。

少額短期保険』と呼ばれることもあるが、その名の通り、少額保険(上限1000万円)と短期の保険期間(1年間、損害保険は2年間)が特徴の比較的手軽な保険です。

最大の特徴は、保険会社が扱っている商品には無いようなニッチでユニークなものが登場していること。

これは、保険金額の上限が設定されているため、保険会社が抱えるリスクが抑えられていることが関係しています。

その結果、ペット保険や自動車保険といった非常に多彩なジャンルが登場しており、例を挙げると、高齢者向けのシニア保険や不妊治療保険、結婚式当日限定で式の参列者が被保険者となり契約する『婚礼参列者傷害保険』や、イベントのチケットを保障すうる商品など、ピンポイントなニーズに応えるものが多種多様に揃っています。

いずれも保険料は安いので気軽に自分のニーズにあったリスクヘッジが出来るのもミニ保険の魅力です。

 

ミニ保険の注意点とは?

注意点としては、まず保険期間は生保が1年、損保でも2年までに抑えられていることです。

死亡保障などはそのたびに更新が必要なので、保険料は年々高くなってしまいます。

ただ、期間が満了していれば継続できる仕組みのものがほとんどですので、気になる方はそれぞれの保険商品について保険会社に訪ねてみましょう。

そのほか、死亡保障は300万円が上限になっていること、生保会社・損保会社と異なり、契約しているミニ保険会社が倒産するとセーフティーネットが無くなる点などにも注意が必要です。

ただし、業務開始時に最低1000万円の供託金があり、リスクカバーもピンポイントだけに被害も限定的に留まるといえます。

また、規模の小ささなどから倒産リスクを心配する声も聞かれますが、法律で運用に制限があるため比較的健全な経営が行なわれているようです。

これらを十分理解した上で、自分にあったミニ保険を探すのがおススメです。

ミニ保険は上記のような弱点がありますが、メインの通常の保険でその他のリスクは上手にミニ保険を選ぶスタイルで賢く活用しましょう。

使い方次第で大きな魅力もあるといえます。

ミニ保険悩む

 

ミニ保険の主なジャンルは?

では、ミニ保険はどのようなジャンルに分かれているのでしょうか?

ミニ保険は主に下記のようなジャンルになっています。

生命保険:通常の生命保険と比べ保険期間が1年間と短いため、期間限定でどうしても保障が欲しい人向けです。

医療保険:医療保険のミニ保険商品は特定の疾患の人を対象したものもあり。

家財保険:『新・お部屋の保険』が総合家財保険として最も有名です。

ペット保険:ペット保険は、ペットにかかる費用を保障する保険で、様々なミニ保険業者が取り扱っています。

葬儀保険:葬儀保険は、被保険者が死亡した際に葬儀費用が保障される保険です。

地震費用保険:『Resta』が地震費用保険の中で最も有名で、普通の保険と異なり、ミニ保険なら単独で契約できるのがポイントです。

シニア保険:シニア保険は、高齢者を対象にしたミニ保険で人気が高いジャンルの一つとなっています。

外国人保険:外国人保険は、日本に住む外国人向けの保険商品で『VIVAMED-S医療・生命保険』が有名です。

不妊治療保険:不妊治療保険は、医療保険の一種ですが、『子宝エール』をはじめとする不妊治療保険は女性の不妊治療をサポートする保険商品となっています。

見舞金:見舞金は、『死亡弔慰金保険』などで、被保険者が死亡したときに死亡保険金が支払われます。

 

ミニ保険は、上記のように様々なジャンルがあります。

ミニ保険は、豪華なパンフレットやノベルティなど大手のような戦略は皆無で、人件費が安く、経費を極力抑えているのですが、その分顧客へのサービスも薄いため至れり尽くせりのサポートではありません。

また、経済が不安定なこの時代、保険会社が破綻なんでことも万が一にあり得ます。

もし、そのようなことが起こっても通常は保険契約保護機構が90%までの保障を引き継ぎますが、ミニ保険の場合は0になる可能性があります

ただ、最近は契約者保護の仕組み構築の動きもあるので、今後に期待したいとこです。

ミニ保険の場合、生保・損保ともに最大保険額1000万円までと上限が決められており少し不安がある方も少なくないでしょう。

通常の保険に比べると保険の分野にもよりますが、主軸にするのは正直厳しいといえますが、自分がどうしてもピンポイントで保障してほしいとき、かゆいところに手が届くミニ保険は一つの選択肢としてアリではないでしょうか?

ミニ保険笑顔

広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る