がんの治療費はいくら?【一回の入院でおよそ〇〇万円】

保険に新たに加入する人が、医療保険と同様に重要視している『がん保険』。

しかし、国民の〇〇人に1人ががんにかかると言われ、『がん保険に入ろうかな』と悩んでいる方も少なくないでしょう。

そこで、今回は

がんの治療費はいくらかかるのか?

一回の入院でのがんの治療費

という2点に絞りお話したいと思います。




がんの治療費はいくらか?

自分の望むがん治療を受けるためには、膨大なお金がかかるイメージがあるかと思います。

実際、3割負担だとしても100万円かかれば33万円が請求されると考えている方もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

実は、公的保障である【高額療養費制度】のおかげで、医療費は上限を超えると払い戻しを受けることができます

つい、がんの治療費は高額だと思ってしまいますが、実際は他の病気と大差がないのが現状です。

月給50万円以下である一般的な所得の人の場合は、仮に1ヶ月の医療費の総額が25万円かかったとしても、自己負担額は8万6000円までで済みます。(差額ベッド代は対象外)

もし、先進医療を受けたり、差額ベッド代を出してほしいと思う方は、医療保険に特約をつけることで保障を受けることができ、もし万が一がんになったとき、自己資金の持ち出しを抑えることができます。

がんの治療費はいくらかlwpkommunikacio

 

一回の入院でのがんの治療費は?

社団法人全日本病院協会公開データによると、
胃がん:平均入院数20日、治療費約25万円
結腸がん:平均入院数20日、治療費約28万円
直腸がん:平均入院数17日、治療費約23万円
肺がん、気管支がん:平均入院数11日、治療費約13万円
乳がん:平均入院数12日、治療費約18万円

となっています。

また、1日あたりの自己負担費用は平均2万1000円程度とされており、交通費や差額ベッド代がかかることを考えれば、少し保障を手厚くしておきたいところです。

がん治療

 

がん保険はどれも内容に大差はない

がんは、病気の一種のため医療保険に加入していれば、入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。

それにもかかわらず、『がんのみを対象としたがん保険』に人気が集まるのは、がん=死という負のイメージが先行しているからでしょう。

がんを完治するために出来るだけ、効果の高い治療を受け長生きしたいと考えている人も多いでしょう。

がん保険の基本設計自体は、どの商品であってもそれほど大きな差はありません。診断給付金、入院給付金、手術給付金、先進医療などから構成されており、細かい差はあれど大筋は同じです。

ちなみに入院給付金を1日5千円~1万円、診断給付金50万円~100万円とするケースが最も多いでしょう。

診断給付金が高額な理由としては、『一時金を受け取ることにより治療費や身体ケア、収入減の穴埋め、生活費、旅行費など自由に使うことができ、一時金は金銭的・精神的な不安を和らげる緩衝材の役目担っている』ではないでしょうか?

入院が短縮し、通院治療がベースになるがんは、入院給付金よりも診断給付金に重きを置いた方が良いでしょう。

また、厚生労働省の『平成23年度の患者調査』では、がんの治療をしている患者のうち入院患者数:15万600人に対し、外来通院患者数:21万9900人と通院でのがん治療をしている方が全体の59%半数以上になっています。

 

がんの治療費はがんの種類で変わる?

実はがんには大きく分けて2種類あり、一つは悪性新生物、そして2つ目が上皮内新生物です。

後者の上皮内新生物の場合は、死亡するリスクがほぼゼロに等しく、転移もほとんどないので高額な抗がん剤治療などが必要ないケースが多く、その他の病気と治療費が変わりません。

がん保険は商品によって、悪性新生物と上皮内新生物の保障が同額だったり、上皮内新生物の診断給付金が10%や50%と設定されていることがあります。

がん保険の保障の対象としては下記すべてが当てはまります。

診断
↳診断給付金は、がんの確定診断がでたときに給付されます。保険会社により受け取り回数や条件が異なるので注意。

入院
↳がんの治療を目的として、入院したときに給付金を受け取ることができます。ただし、検査入院は対象外のことがほとんどです。

手術
↳がんの治療を目的として、所定の手術を受けた場合が対象で金額はがん保険によりそれぞれです。

退院
↳がん保険によっては、入院によるがん治療を一定期間受け退院すると一時金を受け取ることができるがん保険もあります。

通院
↳がんの治療を目的として、通院したときが対象ですが、通院特約が無いがん保険もあるので注意が必要。

 

いかがだっただでしょうか?

今回は、がんの治療費はいくら?【一回の入院でおよそ〇〇万円】についてお話させていただきました。

 

広告

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る