前回は、【公共職業訓練で取得できる資格とは?~コースの選び方~【雇用保険】】についてお話しました。

今回は、【公共職業訓練の入所選考に合格する方法】についてお話させていただきます。

公共職業訓練に入るには『入所選考』という難関が待っている場合があり、技術専門校はだいたいどこでも学科試験と面接(適性検査もある場合も)が実勢されるのが一般的ですが、実際は、『ポリテクコース』は地方やコースによって”試験が実施される”ところと、”書類選考のみ”とがあります。

具体的には、毎年定期的に募集される訓練期間が6ヶ月以上の『アビリティコース』では、試験や面接が行われるケースが多いことに対して、1~3ヶ月と訓練期間の短い民間の委託訓練コースでは、試験も面接もなく書類選考のみのケースが多いのが現状です。

期間の長いコースになればなるほど、試験や面接などが設けられ、ハードルが上がる傾向があります。




公共職業訓練の選考ポイントとは?

それでは、次に何が選考の重要ポイントになるのかみていきましょう。

すべてのコースに共通するポイントとして年齢と退職理由が重要です。

実は、募集要項に『45歳以上60歳未満を優先する場合もあります』と明記した募集もあり、中高年でリストラされた人が有利です。

技術専門校の中には、一部の科目でおおむね35歳以上の人を優先する枠(定員3分の1)を設けているところもあります。

 

筆記試験の点数より面接が優先される?

”筆記試験”と聞くと難しそうに思いますが、秘術専門校およびポリテクのアビリティコースでは、『中学卒業程度の数字と国語』についてを問われるケースがもっとも一般的です。

ただし、おおむね30歳以下の若年者以下の若年者を対象とした1年および2年コースの中には一部『高校卒業程度』の学力検査が行われるケースもあり、科目も数字と国語の他に英語が加わることもあります。

パンフレットには、それぞれのコースについての試験科目はもちろん、時間や前年の試験内容の例まで掲載されていることもありますので、そのあたりは事前にしっかり調べておきましょう。(ちなみに、東京都の技術専門校の場合、国語は漢字の読み書き問題が中心。数字は四則演算、方程式、数列、約数と倍率、比例・反比例、面積・体積、角度、平均、割合などの分野から計算問題と文章問題を出題。試験時間は国語・数字合わせて30分)

できれば、試験前に中学生向けの参考書などをバラバラめくってすっかり忘れている内容を思い出しておきたいものですが、テストの点数が高かったからといって、必ずしも選考をパスするとは限らないのが難しいところです。

 

資格や技能を持っている人は合格しにくい?

そもそも職業職業訓練は『就職が困難な人に、知識や技能を身につけてさせて再就職を可能にする』ことが目的の公的支援制度ですから、すでに資格や技能を持っていて容易に就職できると思われる人は対象外とされる可能性が大きいです。

今までは、取得した技能や資格を使って仕事をしていて、退職をきっかけに別の技能・資格を取り転職したいという方には少し厳しいといえます。

また、訓練を受けても就職できそうにない人も合格は難しいかもしれません。

もっとも合格しやすいパターンとしては、訓練を受けると飛躍的に就職しやすくなる人でしょう。

例えば、『すでに経理や社会保険事務の経験と知識があるのに、パソコンは全然ダメという人がパソコンソフトの操作をマスターすると就職しやすくなる』と判断されればOAコースに合格する可能性は高いということになります。

学科試験は、『毎日の授業についていくだけの基礎学力があるかどうか』を見極めるだけのもので、むしろ重要なのは面接の方だと考えておいたほうがいいでしょう。

 

合格率を上げる方法は?

実は、なぜか公共職業訓練の試験の当日は、ラフな格好をしていく人が圧倒的に多いです。

しかし公共職業訓練の面接にはスーツ・ネクタイ着用が鉄則です。

服装を整えるだけで、他の人より1歩、2歩とリードできるのです。

また、面接本番に備えて『そのコースを志望する理由』や『身につけた知識や技能を生かして将来どういったふうにキャリアアップしたいか』といった受け答えは、事前によく考えてシミュレーションしておきましょう。

 

関連記事▼
退職後に必要な手続き~雇用保険、健康保険、公的年金~
雇用保険(失業保険)をもらう条件
失業手当はいくらもらえるのか?
所定給付日数とは?失業手当を多くもらうために
失業手当の受給可能期間を延長する方法
失業手当受給に必要な書類とは?
失業手当を受けられない『失業状態にはない』ケースとは?
失業手当が振り込まれるまでの日数は?
再就職が決まった場合の手続きは?【雇用保険】
再就職手当をもらうための9つの条件【雇用保険】
再就職先を辞めた(退職)場合の失業保険について
給付制限がつかない特定理由離職者とは?【雇用保険】
常用就職支度手当が支給される8つの条件とは?『失業手当・雇用保険』
給付制限中にアルバイトをしても支給額は減らない?『失業手当』
アルバイトで実質的な無収入期間を完全に無くす方法『失業手当』
アルバイトすると『就業手当』がもらえる?『雇用保険・失業手当』
公共職業訓練を受講する7つのメリット
公共職業訓練で取得できる資格とは?~コースの選び方~【雇用保険】

広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る