アルバイトで実質的な無収入期間を完全に無くす方法『失業手当』

前回は、【給付制限中にアルバイトをしても支給額は減らない?『失業手当』】についてお話しました。

失業手当をもらうにあたって多くの人が『給付制限中の無収入期間をなんとかして無くせないかな?』と考えることでしょう。

実は、実際に”〇〇をすると給付制限中の無収入期間を無くすことができます。

とくに、職安では『給付制限中も長期のアルバイトをしてはいけない』と出鼻をくじかれるようなことを言われますが、落ち込む必要はありません。

もちろん、働き初めてそのまま何の申告もしなかったら『不正受給』になってしまうので、少し工夫が必要になります。

そこで、今回は『アルバイトで実質的な無収入期間を完全に無くす方法』についてお話したいと思います。

待期が満了したらすぐにアルバイトを始めてOK?

では、『アルバイトで実質的な無収入期間を完全に無くす方法』を順番にご説明してきます。

退職してから最初の7日間は、待期(無収入)期間が存在しています。

待期期間では、本当に失業したかの調査期間なのでアルバイトはしてはいけません。

待期が満了して給付制限に入ったらすぐにでもアルバイトを始めましょう

”3ヶ月で辞めるアルバイト”なので、登録型の派遣などの短期で働ける職場を探すのがおススメです。

では、次にアルバイトが決まった場合ですが、職安へはアルバイトとしての申告ではなく、正式に就職したことにしてアルバイト先の会社から『採用証明書』を発行してもらいます

そして、その『採用証明書』を次回の失業認定日までに職安に提出してしまうのです。

そのまま、3ヶ月間の給付制限中はアルバイトを続けてもらうのですが、給付制限が満了する直前にそのアルバイトを辞めて、今度はアルバイト先から『離職票』を発行してもらって、改めて受給手続きをやり直します。

その場合、『再就職先を短期間で退職したケース』と同様の扱いになるので、前回の退職時に初回認定日に出席していれば、すでに確定している受給権の条件で、失業手当を受給できることになります。

詳しくはこちら➡再就職先を辞めた(退職)場合の失業保険について

 

給付制限は消化したことになる?

実際、上記の方法では給付制限は存在するのですが、すでに3ヶ月間のアルバイトによって、3ヶ月の給付制限期間を消化しているため、再度受給手続きをやり直した日の翌日から支給対象となります。

つまり、アルバイトを給付制限中の3ヶ月間しながら、少し工夫をするだけで本来はあるはずの給付制限期間をほぼ完全に無くすことが可能になります。

 

ただ、一つここで注意があります。

前回の退職時に初回認定日まで出席しなかった場合は、受給権が確定していませんので、今回のアルバイトの離職票と前回の退職時の離職票を合わせた条件により新たな受給権が発生することになります。

このとき、離職理由は直近の退職によってのみ判定されることも忘れてはいけません。

つまり、先ほどのケースでは、3ヶ月間のアルバイトを辞めるときの退職理由は『期間満了』ですから、新たな受給権を獲得し直すとしても、給付制限は課せられません。

 

まとめ

給付制限中にアルバイトをして、給付制限の満了日前に再び離職した場合、アルバイトを辞めた後に『離職票』を職安に提出することで、給付制限なしで基本手当を受けられます。

 

関連記事▼
退職後に必要な手続き~雇用保険、健康保険、公的年金~
雇用保険(失業保険)をもらう条件
失業手当はいくらもらえるのか?
所定給付日数とは?失業手当を多くもらうために
失業手当の受給可能期間を延長する方法
失業手当受給に必要な書類とは?
失業手当を受けられない『失業状態にはない』ケースとは?
失業手当が振り込まれるまでの日数は?
再就職が決まった場合の手続きは?【雇用保険】
再就職手当をもらうための9つの条件【雇用保険】
再就職先を辞めた(退職)場合の失業保険について
給付制限がつかない特定理由離職者とは?【雇用保険】
常用就職支度手当が支給される8つの条件とは?『失業手当・雇用保険』

給付制限中にアルバイトをしても支給額は減らない?『失業手当』

広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る