再就職先を辞めた(退職)場合の失業保険について

今回は、『雇用保険の再就職先を辞めた(退職)場合の失業保険』についてお話したいと思います。

再就職手当支給申請の手続きと期限は?

再就職手当の手続きは、管轄の職安へ採用証明書を提出(就職日前日までの失業認定を受ける)してから、改めて『再就職手当支給申請書』を提出する形になります。

ちなみに『再就職手当支給申請書』には、事業主の証明欄があるので、採用証明書の提出日にこの書類をもらっておいた上で再就職先に必要事項を記載してもらわなければなりませんので注意しましょう。

提出期限は、原則として『再就職先の入社日の翌日から1ヶ月以内』となっています。

ちなみに、この書類は郵送で受け付けてもらえますので、直接行けない方は書類の不備がないよう注意し、郵送で送りましょう。

 

再就職手当はいつ振り込まれるのか?

再就職手当支給申請を提出した後に、再就職手当がいつ振り込まれるかについてですが、『再就職をしているかどうか』について調査が行われます。

再就職確認調査期間もあるので、実際に再就職手当が振り込まれるのは1ヶ月~1ヶ月半後になります。

また、『再就職して、再就職手当支給申請をしたけど、職場が合わず辞めてしまった』場合は、実際に再就職していても、再就職先の職場で勤務し続けていないという判断が下り、再就職手当は振り込まれません。

※再就職手当を受け取ってしまった後に退職すれば、再就職手当はもらうことができます。

再就職先を短期間で退職した場合の失業保険は?

失業手当を満額もらわないうちに再就職した場合、一度確定した受給権は、退職の翌日から1年間(受給期間)は有効なので、再就職先を退職後に再度手続きすれば、残りの手当がもらえます。(注:受給期間内を限度に

少し難しいのが給付制限です。

前回の退職時に受給手続きをしていて、さらに初回認定日にも出席していれば、新たな給付制限は課せられません

つまり、前回の離職票のみで受給できるわけで、最悪でも、無収入期間は、前回の退職時に課せられた給付期限満了日までで済みます。

しかし、前回の退職時に初回認定日出席までクリアしていない人は、受給権が確定していないため、再度退職すると、手続きが1からになり、新たに三か月の給付制限がかかってくるので、注意が必要です。

 

初回認定日は出席しておかないと損をする?

失業保険を賢くもらう一つのポイントとして”初回認定日”があります。

もし、今の職場を会社都合で退職し、すぐに再就職する予定の方は、初回認定日の出席は必ず終わらせておきましょう。

なぜなら、2枚以上の離職票で受給資格を満たす場合、退職理由は直近の離職票のみによって判定されます。

再就職した会社を簡単に退職してしまうと前回の会社都合の好条件が消滅してしまい、自己都合として受給することになってしまいます。

したがって、すぐに再就職する予定であっても”初回認定日”には出席するようにしましょう。

今回は、『雇用保険:再就職先を辞めた(退職)場合の失業保険』についてお話しました。

関連記事▼
退職後に必要な手続き~雇用保険、健康保険、公的年金~
雇用保険(失業保険)をもらう条件
失業手当はいくらもらえるのか?
所定給付日数とは?失業手当を多くもらうために
失業手当の受給可能期間を延長する方法
失業手当受給に必要な書類とは?
失業手当を受けられない『失業状態にはない』ケースとは?
失業手当が振り込まれるまでの日数は?
再就職が決まった場合の手続きは?【雇用保険】

再就職手当をもらうための9つの条件【雇用保険】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る