前回は、『失業手当を受けられない『失業状態にはない』ケースとは?』をご覧いただきました。

今回は、”実際に失業手当が振り込まれるまでの日数”についてお話したいと思います。

それを説明するには、まずは『受給資格決定日』について説明しなければなりません。

受給資格決定日とは?

最初に職安で手続きをした日を『受給資格決定日』と呼びます。

これで受給資格が決定したのだから、あとは失業手当が口座に振り込まれるのをじっと待つだけ』と言いたいところですが、じつは支給まではまだいくつかのプロセスが残っています。

そこで、ざっと失業保険が振り込まれるまでのスケジュールを整理しておきましょう。

まず、職安で最初の手続きをして書類を提出すると、その時点で『受給資格』が決定しますが、その日から数えて7日間は『待期』といって、失業手当が支給されない期間になります。

失業しても、もしこの期間に再就職することができた人には失業手当は支給されない制度になっており、7日間はすべての受給者に課せられる”待期期間”に当たります。

実質的には、この待期の7日間を失業状態で過ごし初めて受給資格が発生し、待期満了の翌日から支給対象となるわけです。

しかし、自己都合で退職した人には、この後に3ヶ月間の『給付制限』が課せられます。

 

会社都合と自己都合では、失業手当を振り込むまでの期間が違う?

失業手当が支給されるのは、会社都合で退職した人なら『受給資格決定から4週間後』(実質、口座に振り込まれるのはさらに数日後)になります。

会社都合で退職した人には、出来る限り同じように給料の代わりとして失業手当を手渡したいという国の計らいが、見られますが、自己都合で退職した人では、失業手当を受け取れるのは『受給資格決定から4ヶ月後』となってしまうわけです。

もちろん、どちらのケースもただ待っているだけでは支給されません!

会社都合の人も自己都合の人も、受給資格が決定したら7日間の待期満了後に設定される【受給説明会】(受給資格決定日から1~2週間後)に出席しないといけません。

また、『失業認定日』(会社都合の人は受給資格決定日から4週間後、自己都合の人はそれに加えて給付制限期間満了の翌日から1~3週間後にも設定)に職安に出向いて初めて、失業手当の支給が始まるのです。

その数日後にようやく自分の口座に失業手当が振り込まれるという長く、そして手間がかかるプロセスが用意されています。

以後も、『4週間ごとに設定されている失業認定日に出席する度に、4週間分の失業手当が支給される』という流れになります。

※最初に振り込まれる失業手当だけは、待期の7日間が不支給なので、原則として3週間分ですが、場合によっては3週間分に満たないこともありますのでご注意下さい。

 

関連記事▼
退職後に必要な手続き~雇用保険、健康保険、公的年金~
雇用保険(失業保険)をもらう条件
失業手当はいくらもらえるのか?
所定給付日数とは?失業手当を多くもらうために
失業手当の受給可能期間を延長する方法
失業手当受給に必要な書類とは?
失業手当を受けられない『失業状態にはない』ケースとは?

広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る