前回は、【失業手当の受給可能期間を延長する方法】についてお話させていただきました。

 

今回は、失業手当受給手続きに必要な書類についてお話させていただきます。

会社を辞めて、いざ失業手当を受給したいと思った場合、『離職票を持って職安に行く』ということ以外、詳しく知らない方が圧倒的に多いのが現状です。

もちろん、退職は、そう何度もあるものではないため、初めての方は不安に思うことも多いでしょう。

失業手当は、『雇用保険』から支払われるわけですので、『雇用保険に加入していたことを証明する書類』、『会社に勤めていたときにもらっていた給料の額や退職理由が記載されている書類』も必要になってきます。

もし、必要な書類を退職前から準備し始めることができれば、退社後、スムーズに手続きを行うことができますので、必ず事前準備をしておきましょう。



 

『失業手当』受給に必要な書類とは?

①雇用保険被保険者証
➜この書類は、雇用保険に加入していたことを証明する書類になります。
氏名、生年月日、被保険者番号、交付年月日、被保険者となった年月日、被保険者の種類などが記載されています。
被保険者資格を証明する大切な書類ですので、必ず保管しておきましょう。
この書類は、自分が保管していない場合は、会社が保管してくれていますので、退職日に返却してくれるのが一般的です。
また、自分で保管している際、紛失してしまった場合は、受給手続きをする前に職安で”再発行手続き“をする必要があります。

 

②離職票
➜『離職票』も『雇用保険被保険者証』と並び大切な書類です。
勤めていた会社は、退職者が出ると『この人は、被保険者としての資格を喪失しました』ということを、事業主用の書類を添えて職安に届け出ます。
その手続きを経て職安から事業主経由で発行されるのがこの書類になります。
発行される期間ですが、退職後に会社は翌日から10日以内に職安に手続きを行わなければいけませんので、一般的には退職日から1週間前後で自宅へ郵送、または会社へ取りに行くことになります。

 

③運転免許証または住民基本台帳カード(写真付き)
➜現住所および、年齢を確認し本人であることを証明するために必要な書類です。
パスポートや健康保険証、住民票のうち2種類でもOKです。

 

④写真2枚
➜これは、失業手当を受給した後でもらう『雇用保険受給資格証』に貼るためのもので、『タテ3cm × ヨコ2.5cm』で正面上半身が写ったものが必要です。

 

⑤印鑑
➜実印でなくてもよく、認め印でも可能です。
職安に行くときには必要になりますので、必ず持っておきましょう。

 

⑥預金通帳
➜失業手当の振り込みを希望する金融機関の支店名や口座番号が必要になるケースもありますので、預金通帳を持っていきましょう。
※インターネットバンクや外資系銀行は不可の場合があります。

 

関連記事▼
退職後に必要な手続き~雇用保険、健康保険、公的年金~
雇用保険(失業保険)をもらう条件
失業手当はいくらもらえるのか?
所定給付日数とは?失業手当を多くもらうために
失業手当の受給可能期間を延長する方法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る