自動車保険の【弁護士費用特約】には加入するべきか?

前回は、【自動車保険の『等級制度』『事故有係数』について】をご覧いただきました。

 

まだ、ご覧になられていない方は、先にそちらをどうぞ。

 

今回は、自動車保険加入時に気になる『弁護士費用特約』についてお話したいと思います。

 

この『弁護士費用特約』はあまり使うことがないためか、加入しない方も多く、また詳しい説明を受けない場合があり、安易に考えている方もたくさんいます。

 

実は、この『弁護士費用特約』は必ず加入しておいた方が良いとされています。



弁護士費用特約とは?

➡『弁護士費用特約』は、契約者(被保険者)やその家族などが、人身や物損の被害事故にあった場合に生じる弁護士費用法律相談費用が支払われるものです。

 

その対象範囲は広く、契約者(被保険者)以外でも、配偶者や同居の親族、別居の未婚の子も含まれます。

 

弁護士費用特約による保険金は、弁護士報酬・訴訟費用・調停費用など、1事故につき1人あたり限度額は300万円。

 

保険会社にもよりますが、毎月約100円~300円ほどですので、加入しておいて損は無いと言えます。

 

弁護士費用特約のメリットは?

➡『弁護士費用特約』の一番のメリットは”泣き寝入り”を防ぐことができることです。

 

具体的には、例えば自分が過失ゼロの被害者だった場合、自分の任意保険を使用することがなく、示談交渉などは自分でしなければなりません。

 

もし、

『事故を起こした加害者が無保険だった』

『一向に交渉に応じようとしない』

『賠償責任を果たすことができない』

などの場合、素人である契約者が示談交渉を進めることは難しく、泣き寝入りするケースも多くあります。

 

仮に、裁判沙汰にでもなれば弁護士費用や裁判手続きの費用はすべて自分が支払わなければなりません。

 

自分の過失がゼロでも、示談や裁判となると金銭的負担、時間的負担、精神的負担ととても身が持ちません。

 

その際に、『弁護士費用特約』に加入していれば、自分の任意保険を使わない場合でも弁護士に示談をしてもらうことができます。

 

 

『弁護士費用特約』を使った場合の等級の変動は?

➡通常、事故や災害、いたずらや盗難の場合は、特殊な場合を除き、割引等級が下がります。

 

実は、この弁護士費用特約』を利用した場合は、事故の対象からは外れているため、割引等級が下がる心配がありません。

 

つまり、保険料が上がる心配が無いため、気軽に利用できることも大きなメリットと言えます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る