Luke,Ma

 

今から犬・猫を家族の一員として迎え入れようと考えている方、ペット保険についてはもうお調べされましたか?

動物病院で医療を受ける場合、私達人間のように医療保険が適用されませんので、必ず自由診療という形になり、事情を知らない方が初めて動物病院に行かれた場合は、その医療費の高さに驚かれるでしょう。

通院や入院で、数万円~数十万円というのも珍しくありませんので、ペットができるだけ小さい内に、そして病気になる前に加入すべきだと言えます。

そこで今日は、業界最安値クラスの保険料についてお話したいと思います。

【関連記事】
ペット保険は必要か?
ペットがかかりやすい病気は?【ペット保険の必要性について】

各ペット保険会社を比較する

実は、人間同様にペット保険も多くの会社が取り扱っており、それぞれの会社のペット保険を比較する必要があります。

しかし、実際にはペットショップで犬や猫を飼った際に選択肢の少ない中から選択を迫られるケースも多く、長い間保険料を支払うことを考えれば、安易に決めるものではありません。

下記は完全無料で各ペット保険会社の保険料を一括で資料請求できる便利なサービスです。

ペット保険の一括資料請求はこちら『完全無料』

では、実際に月額の保険料の一例についてみていきましょう▼

0~4才までの犬・猫
月額保険料:1590
補償割合:50%
補償の対象:通院・入院・手術

 

5~10才までの犬・猫
月額保険料:2390
補償割合:50%
補償の対象:通院・入院・手術

 

まずは、その補償の対象は加入するプランにもよりますが、基本的には

補償内容

になります。

そのため、最近少し体調が悪そうだから診察を受け、継続して治療が必要であり、その後1ヶ月間通院する、という場合でも補償されます。


☑ペット保険の支払額と条件の一例

支払割合 支払限度額 限度日数(回数)
通院保険金 50% 1日あたり 12,500円 30 日
入院保険金 1入院あたり 125,000円 3 入院
手術保険金 1手術あたり 100,000円 1 手術

一般的にペット保険には、保険金として支払われる金額に上限が設けられています。

これが「補償限度額」です。

また保険期間(1年間)のうちに補償される治療の回数にも上限が設けられている場合もあります。

これが「補償限度日数(回数)」です。

この補償限度額と補償限度日数が低く設定されていると、思ったよりも保険金が支払われなかったりする場合もあるので、保険選びの際には必ず確認していただきたいポイント。

年間の補償限度総額(限度額x限度日数)は、多いところで100万円まで補償されますので、ペット保険に加入しておくことで、安心して動物病院での治療を受けていただくことができます。

もちろん、基本的には全国どの動物病院でも保険対象な場合がほとんどです。

まずは、ペット保険の一括資料請求『完全無料』をしましょう。

犬に関する情報はこのサイトで詳しくご覧になれます➡ワンちゃんしつけCLUB(ワンちゃん情報館)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る