私たちは、健康保険制度のおかげで病気や怪我になったとき、いつでもどこでも最適な医療が受けることができます。

他の国を見ても医療・福祉制度は比較的進んでいるといえます。

歳を重ねていっても日本が住みやすく感じる理由の一つに挙がるでしょう。

では、ペットの場合はどうでしょうか?

犬や猫などのペットも医療技術の進歩により一昔前に比べ寿命が延びていることは事実です。

ペットの寿命が延びることにより、癌をはじめとする様々な病気にかかることが指摘されており、これからますます犬や猫のようなペットに医療が必要になってくるでしょう。

しかし、ペットには健康保険制度のような保険制度が無いため、動物病院では自由診となり多額の医療費がかかることになります。

ペットの医療費は高い?

ペットを飼われたことが無い方は、人間よりも小さいペットの医療費は安いと思われているかもしれませんが、そんなことはありません、むしろその逆です。

病気によっては数十万以上の医療費がかかることも珍しくは無く、ペットの医療費に頭を悩ませている方が多いのが現状です。

病気になってもなかなか動物病院へ連れて行ってあげれない』という声もよく耳にします。

飼い主であれば、家族の一員であるペットには、必要なときにいつでも適切な治療を施してあげたいと思うのは当たり前ですよね。

 

ペットが入れる医療保険がある?

実は、”ペットが入れる医療保険”があることはご存じですか?

飼い主が、費用のことをあまり心配せずに、安心して動物病院に連れていってあげるためのものが『ペット保険』です。

ただし、ペットはあくまで家畜という位置付けがなされているため、”ペット保険”は、人間が加入できる”国民健康保険”のような国が国民の健康を守るために設けた制度とは異なり、人間で言う『民間医療保険』に該当します。

ですが、ペット保険に加入している方は全体の少数であるというのが現状です。

ペット保険』の認知度がそこまで高くないこともありますが、高額な医療費の心配をしなくて済むので、子犬を飼い始めるときは、必須と考えても良いでしょう。

人間の1年は、犬や猫のような動物には約4年に匹敵すると言われており、病院に連れて行くのが1日遅れるだけで病状が極端に悪化することもあるだけに、ペットの健康は軽視できません。

今は、健康で元気いっぱいかもしれませんんが、明日急に具合が悪くなることもあるのです。

年齢を重ねるにつれ、ケガ・病気の発症率が上がり、

①循環器疾患(心臓弁膜症、心不全など)

②泌尿器疾患(尿路結石、膀胱炎など)

③筋骨格系疾患(膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア、骨折など)

④腫瘍疾患(皮膚腫瘍、乳腺腫瘍など)

などのリスクは確実に上昇するので、まだ元気なうちに十分な治療を受けさせてあげる準備(ペット保険に加入)をしておく必要があります

 

ペット保険は分かりづらい?

どうぶつの治療は、人間と違い全額負担になりますので、ペットを飼った時点でペット保険に加入するべきと言えます。

しかし、”ペット保険”になじみが無い場合が多く、ペットショップの店員が勧めるままに加入してしまうケースが多々あります。

大手であれば、

①アクサ損害保険

②アニコム損害保険

③日本アニマル倶楽部

④ペットメディカルサポート

⑤ペッツベスト

⑥au損害保険

⑦アニコム損害保険

⑧アイペット損害保険

⑨ペット&ファミリー

⑩もっとぎゅっと少額短期保険

などなどたくさんの会社がペット保険を取り扱っています。

一度入ってしまえば、そうそう解約することはないと思いますので、慎重にペット保険は選ばなければなりません

もし、『ペット保険を見直したい』や『これからペット保険に加入するつもりだ』という方は、まずはペット保険の一括資料請求『完全無料』をしましょう。

愛犬に関する情報と資料を送付する住所等を入力すれば、すぐに資料請求が可能です。

後は、財布と補償内容のバランスを上手く計算しながら、最適な保険を選びましょう。

ペットを購入した勢いで、ペットショップでそのままペット保険に入ってしまうのは非常に危険ですので、注意しなしょう。

 

大切なペットと1日でも長くいっしょにいれるように、愛犬の健康をしっかり守ってあげて下さいね。

詳しくは➡ペット保険の一括資料請求はこちら『完全無料』

広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る