皆さんは、『子供保険』という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

 

険探し.comでは、学資保険についていくつか記事を書いています。

 

実は、子供保険学資保険は同じ保険として扱われることがありますので、混同してしまう方が多くいます。

 

そこで、今日は子供保険学資保険は何が違うのかをご説明したいと思います。



子供保険は、主に子供の医療保障に重点を置き、なおかつ教育費のための資金に備える保険です。

 

例えば、自分の子供が万が一の病気や怪我をした場合、また自分の子供が他人の子供を怪我させてしまった場合の保障を目的としたものまで幅広く存在します。

 

つまり、教育資金を一番の目的に持ってきていないことが最大の特徴と言えます。

 

それに対し学資保険は、子供の教育費の積み立て・貯蓄が第一の目的で、保険契約者に万が一の事故や病気などがあって、それ以降の保険料の支払いができない場合、保険料が全額免除されることに加え、祝金や満期金は契約通り支払われる、いわば子供の教育費を確実に確保できるといった大きな特徴があります。

 

しかしながら、最近では子供保険という名の商品であっても、医療保険に力を入れるわけではなく、教育資金の確保を大きな特徴にしているものもありますし、学資保険の中でも充実した医療保障が付いたものまで様々です。

 

一昔前は、子供保険と学資保険に明確な目的の相違がありましたが、最近では共通する点が多く、あまり区別して考えることが無くなっているのが現状です。

 

つまり、子供を対象とする保険に加入する場合は、子供保険学資保険両方に焦点を当てて保険商品を探す必要があります。

 

その際、もっとも吟味しなければならないポイントが『返戻率』と『医療保障の内容』です。

 

貯蓄性が高く、元金割れしない商品を慎重に選ぶようにしましょう。

 

連記事▼

学資保険とは?【メリットについて】

学資保険と定期預金どちらがお得か?

『学資保険』契約者は夫か妻どちらにすべきか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る