『学資保険』契約者は夫か妻どちらにすべきか?

学資保険に加入するときの保険契約者は、両親のどちらか一方にしなければなりません。

被保険者は当然、子供になります。

 

保険契約者はどちらでもいっしょじゃない?』と思いがちですが、実は全く違います。

 

今回は、そんな学資保険の保険契約者を夫か妻、どちらにすべきかについて考えます。

 

関連記事▼

学資保険とは?【メリットについて】

学資保険と定期預金どちらがお得か?



 
そもそも、学資保険は『子供が成長するにつれ増えていく学費の負担を減らす』、『保険契約者が万が一の事故や病気で死亡した場合でも将来の子供の学費の確保』を目的としており、これらを考慮すると保険契約者は、一家の大黒柱である夫が適任であると思われます。

 

なぜなら、一般的な家庭では、シングルインカムである場合、一家の大黒柱は夫である場合がほとんどで夫に万が一のことがあった場合、一家を支えていく人がいなくなります。

 

しかし、妻が資格や就職経験など無い場合小さな子供を育てていかなければならない場合は、妻が夫と同じ稼ぎができるとは考えにくいものです。

 

そのため、学資保険の保険契約者は通常””と考えるのが自然です。

 

しかし、最近増えてきている”離婚問題”を考えるとそうではありません。

 

仮に離婚した場合、親権を得るのは圧倒的に妻が多いからです。

 

そうした場合、学資保険を勝手に解約される可能性もありますし、夫が保険契約のまま離婚してしまうと、子供に万が一のことがあった場合の給付金が契約者である夫へ支払われることもあります。

 

そうした場合、慰謝料や子供の養育費での金銭問題などで争わなくてはいけなくなります。

 

こうした離婚問題を考慮した場合、保険契約者を妻にしておくことが妥当と言えます。

 

さらに、女性は統計上男性よりも寿命が長い為、毎月の保険料が安くなるだけでなく、結果的に返戻金が増加する場合もあります。

 

保険契約者を決める場合は、家族でよく相談してから決めるようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る