学資保険は、お子さんがおられる方が加入される、主に『教育費の貯蓄』を目的とした積み立て型の保険商品になります。

 

学資保険に加入する最初の段階で、15171822歳などを設定し、設定された時期が満期になります。

 

満期になればその時期に、それまで積立をしてきた保険料を、満期保険金として受け取る事が可能です。

 

これだと普通の定期預金や自分での貯金と何ら変わりないように思いますが、ちゃんと保険商品としての保障が存在します。

 

万が一、学資保険契約期間中に契約者が死亡・高度障害を患い、その後の保険料支払いが出来なくなった場合は、それ以降の保険料の払い込みが免除になります。

 

これは、保険料払込免除特約による学資保険ならではのメリットと言えます。

 

保険料の支払いが免除されながら、満期保険金は満額受け取る事ができます

 

つまり、自分の子供の学費を確実に確保することができるというものになります。



下記の図をご覧ください。

学資保険②

パターン1では、幼稚園入学時小学校入学時中学校入学時高校入学時高校卒業時子供の教育環境が変わるタイミングで祝い金をそれぞれ受け取れ、最後にも満期金を受け取ることができます。

 

パターン2では、子供の教育環境が変わるタイミングでの祝い金はありませんが、満期で受け取れる満期金の額がパターン1よりも多く、総額としてもパターン1より高くなります。

 

どちらが良いかは、人それぞれですが、各タイミングで祝い金を受け取っていると、満期金が目減りするので一度に満期金をもらった方がお得と言えます。

 

学資保険に加入する際、一番のポイントとなるのは、『返戻金(へんれいきん)』です。

 

満期返戻金とは、保険料として支払った総額に対して自分に返ってくる金のことを言います。

解約返戻金は、保険を解約した際に返ってくる金のことを言います。

これらの返戻金が、より高いものを選ぶことが最も賢く学資保険に加入する方法です。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る