現在、ほぼすべての人が公的医療保険(健康保険)に加入しています。

しかし、多くの方が民間医療保険に加入するのはなぜでしょうか。健康保険では、年齢により3割・1割と負担額が割り引かれるので、特に民間医療保険に加入する必要はないと感じている人も多いでしょう。



では、医療費の平均額を見てください▼

平均的な医療費は、胃がんで約28日入院すると約121万円、急性心筋梗塞で約19日入院すると約217万円、乳がんで約20日入院すると約81万円の医療費がかかります。

(※全日本病院協会HPより http://www.ajha.or.jp/guide/1.html

実際に負担する金額が3割だとすると、それぞれ約36万円、約65万円、約24万円となります。

こうやって見てみるととても健康保険が効いても、とても高額に感じますよね。

上記は1か月以内の話ですが、脳梗塞などで6ヶ月入院し、リハビリも行うとなれば数百万円かかってきます。

病気・怪我はいつあなたに訪れるか分かりません。

また、実際に例を見てもらえれば健康保険だけでは不十分であることが容易に分かるでしょう。

やはり、これらを考慮すると安心して治療に専念するためには民間医療保険は必須と言えるのではないでしょうか。

 

では、民間医療保険は、必要な医療を保障してくれるものなのでしょうか?

民間医療保険は、医療費を全額保障してくれるのでしょうか?

 

 民間医療保険では、「~病になると300万円」「差額ベッド料が1日1万円」「先進医療は健康保険が効きません」など様々な謳い文句がありますが、

民間医療保険とは、あくまで【治療目的での入院1日につき●●円】といった定額の現金支給型と理解してください。

なぜ、ここまではっきり申しあげるのかというと、民間医療保険は長期間にわたって保険料を払い続ける可能性が高い、つまり長期間生活費の一部となり、毎月大切な収入から支出をしていくことになるからです。

 

すでに民間医療保険に加入している人(生命保険の医療特約も含めて)も、今から検討しようという人も、民間医療保険を漠然と捉えるのではなく、民間医療保険役割からその限界まで理解し、民間医療保険に頼っていい領域を見極めることが大切だと言えます。

 


※公的医療保険には高額療養費制度というものがあり、1ヶ月の医療費の自己負担金が一定額(一般:8万100円、上位所得者:15万円)を超えた場合、超えた部分の自己負担割合は3割から1%になります。




広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る