60歳という年齢は、人生においても一つの節目とされています。

近年では、定年は65歳に、そして今後は70歳に、という動きもありますが、現在は多くの企業が未だ60歳定年を起用しています。

定年ということは、自分のライフスタイルが大きく変わるだけでなく、大黒柱としての役目も半分終えたようなもの。

さらに、色々な病気に気をつけなければならない歳ということで、大半の方は60歳~65歳で保険の見直しをします。

しかし、歳を取るにつれて月々の支払いが増えていくのが保険です。

そこで、今日は

60歳以上の保険見直しポイント

についてお話します。

 

①まずは、現在加入中の保険の保障内容に過不足が無いかを確認

まず、一番最初に御しなければならないのが、現在加入している保険の保障内容に過不足が無いかの確認です。

これは、とても大事なことで必要の無い保障に毎月お金を支払うのは本当にバカばかしいので、足らない保障、要らない保障の区別をしましょう。

また、現在の保障は何歳まで続き、年間いくらづつ上がっているのかを確認しましょう。

もし、内容がわからない場合は営業担当者か保険会社の契約者向け窓口に問い合わせれば教えてくれます。

保険は自分自身にかける保障なので、自分が必要ないと感じたら、保険の加入し直しをしましょう。

60歳を過ぎると、保険料の払込方法は、保障の必要な期間中保険料を払い続ける全期払(終身払)か、一時払が大半になります。

一時払以外は保険料を払い続ける覚悟を決めて利用しなければなりません。

 

新規に保険に加入する場合は下記の(1)~(3)のいずれかを選択し、情報を集めましょう。

☑退職金などのまとまったお金の一部を一時払保険料にあてて加入する(介護保険、終身保険、個人年金保険)。

☑ミニ保険(少額短期保険)や終身医療保険、がん保険など、少額の保障で、掛け捨てではあるが日々の生活に支障の生じない範囲の保険料になっている保険に加入する。

☑保険ではなく貯蓄の一部を取り置きして対応する。

 

 

②【転換】に要注意!!

転換】とは、既存の保険を下取りして、その責任準備金(保険会社が保険金を支払うために積み立てているお金で、解約返戻金のもとになっているもの)を頭金にして新しい保険に切り替える、保険の見直し方法のことです。

 

転換】をするときは、現在加入している保険と比べまったく違う種類の保険に切り替えたいときに効果的な方法になります。

 

ただし、終身保険などの貯蓄性のある保険から同種の保険に切り替えた場合、貯蓄部分が削られて、掛け捨ての保障にあてられることが多く、注意が必要なのです。

 

また、営業担当者によっては、減額を依頼したのに転換プランを提案してくる場合も多く、

・保険期間

・保険料の払込期間

 

が変わっていないか、十分にチェックするようにしてください。

広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る