住宅ローンを組むと、多くの場合、同時に【団体信用生命保険(団信)】という生命保険に加入しています。

 

団体信用保険とは

団体信用保険は、住宅ローンの返済中に、ローン契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社が、その時点のローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となる制度です。

、銀行で住宅ローンを組まれた方は、【団体信用保険】の保険料を銀行が負担している場合が多く、ご加入された認識が低い方が多いのが現状です。
金融機関が複数のローン利用者を生命保険会社に申し込むことから、保険料は安く、加入時年齢による保険料の差もありません。

 

生命保険料控除を受けられる保険は、保険金の受取人が本人や家族が対象のものになるため、団信の契約者と保険金の受取人は、ローン契約者ではなく金融機関となりますので、控除の対象にはなりません

 

 

団体信用生命保険でカバーできない保障とは?

団信

団体信用生命保険では、ローン契約者が死亡または高度障害になった場合のみ生命保険会社が債権者にローンの残高を支払ってくれます。

つまり、病気や怪我などでローン契約者が働けなくなった場合には、生命保険会社がローンの残高を支払ってくれません。

これが、団体信用生命保険の落とし穴なのです。

そういうときに役立つのが【傷病手当金】です。

 

傷病手当金とは

傷病手当金とは、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。
職場の健康保険(健康保険組合・全国健康保険協会管掌健康保険・各種共済組合など、いわゆる社会保険の健康保険)に加入している方なら、傷病手当金を申請することができます。

国民健康保険には、傷病手当金はありませんので注意してください。


広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る