マンション購入時の火災保険加入は必要なの!?

マンションや住宅購入は、新築・中古問わず人生で一番の大きな買い物です。

 

それだけ大きな買い物をしたからには、資産をしっかりと守らなければなりません。

 

「高層階に住んでいるから床上浸水は心配ない」

 

「鉄筋コンクリートマンションなので、地震や台風でも大丈夫」

 

などと甘く見ていると大変なことになります。

 

また、分譲マンションでは、一戸建てと違い、他にも住人がおり共有部分や占有部分があるなどややこしいと感じ、火災保険に加入にていない方が実は多いのです。

 

今日は、そんなマンションを購入された方が、火災保険に加入すべきかどうか、また加入する際の保障のポイントについて考えてみたいと思います。

 

まず、最初に上記にも書いていますが、【共有部分】【専有部分】どちらに保険をかけるかですが、

 

基本的に、個人で保険をかける際の補償の対象は、

専有部分

になります。

 

専有部分の評価は上塗基準(壁の内側を基準)壁芯基準(壁の中を基準)とされているのですが、一般的に上塗基準を使用することとなります。

 

自分が使用している専有部分には、保険がかけられていないため、万が一のときは実費で修理することになります。

 

しかし、修理といってもとても個人が払える額ではなく、またローンの支払いがある中ではとても困難です。

 

そのため、マンション購入時の【火災保険】の加入は、必須であると考えておいてください。
また、マンションごとに管理組合がある場合では、共用部分に関しては管理組合で一括して火災保険に加入している場合が多いです。

 

なので、マンションを購入する前にそのマンションの管理組合が共有部分にどんな保障内容の保険をかけているのか確認しましょう。

 

では次に、マンションに起こる実際のトラブルや事故はどのようなものがあるのでしょうか。

 

●火災

●落雷

●破裂・爆発

●風災・雹災・雪災

●水漏れ

●衝突

●盗難

●水災

●諸費用

 

などなど、挙げればたくさんあります。

 

遭遇する確率が極めて低いものから、実際に遭遇する頻度が高い

【水漏れ】

【盗難】

も含まれています。


当サイトで、ご紹介している

AIU保険のオーダーメイド型の新型火災保険地震保険の見積り・無料資料請求サイトでは、従来のすべての保障がセットされているパッケージ保険ではなく、自分に必要な保障のみをつけることが可能です。

火災保険の表

 

万が一の【水漏れ】【盗難】【火災は加入しておいて、自分は高層階に住んでいるから、【床上浸水】や【衝突は必要ないと感じたら、その保障はつけないという形のオーダーメイドで加入することができます。

 

また、保険会社によっては、火災が起きた際には、新築の状態、つまり100%の復元ができる費用がでないことがありますが、

 

なんと

AIU保険では100%の復元が可能な充実した保障内容

となっています。

 

大切なマンションを守るために、まずは、無料資料請求からどうぞ▼
火災保険




広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る