保険に加入する場合にとても重要視される部分が、

月々の保険料

充実した保障内容

です。

 

誰もが【安く保険に加入したい】と一度は考えるでしょう。

 

では、【もっとも安く保険に加入する方法】は存在するのでしょうか?

 

それは、

”健康でいること”

なんです。

 

『今は健康だから保険に加入する必要性を感じない』

『もっと歳をとってからでいい』

そう考えているときが、一番安く保険に加入することができます。

 

シンプルな答えなのですが、

健康でいるときに保険に加入するのがもっとも安く保険に加入できる唯一無二の方法

なのです。

 

健康なときは、保険に加入しておらず、病気になってから保険の必要性を感じ加入しても保険料は安くなりません。

それどころか、病気によってはその病気に対する給付が制限されたり、加入を断られるケースも往々にしてあります。

 

いつかは入る保険なら、安いうちに加入しておきましょう。

 

下記は、保険に加入する場合に割り増しや加入拒否が発生するケースです▼

 

【加入にあたって保険料の割り増し条件などが発生するケース】

●最近3ケ月以内に医師の診査、検査、治療、投薬を受けたことがある。

●過去5年以内に7日以上の継続入院または手術を受けたことがある。

●過去2年以内に健康診断・ 人間ドックなどで異常を指摘されたことがある。

●女性の場合、過去5年以内に女性特有の病気や症状で医師の診査、検査、治療、投薬を受けたことがある。

●身体に障害がある。

 

 

【保険に加入できない場合があるケース】

●現在、入院中である。

●退院したが継続して医師の治療、投薬を受けている。

●過去5年以内にガン、糖尿病、心臓病、脳卒中、慢性肝炎 、肝硬変、肺気腫、慢性気管支炎、慢性腎炎、ネフローゼ、リウマチ、膠原病、かいよう性大腸炎、クローン病、精神や脳・神経の病気や異常で入院、治療、投薬などを受けたことがある

●現在、妊娠中である。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る