日本人の三大死因は、

1位【悪性新生物(がん)】

2位【心疾患】

3位【脳血管疾患】とされています。

 

実際に、私は医療現場の最前線で働いていますが、やはり上記通りであると認識させられます。

 

どれだけ気をつけていても、がんを患う方はたくさんいます。

 

「自分は癌(がん)にならないだろう。。。」皆そう同じように考えています。

 

ですが、日本人の死因第1位で3人に1人が癌で亡くなっており、どれほど多くの方が癌で亡くなっている方を理解できます。

 

もし、万が一自分が癌(がん)になり、闘病生活を送る際に、準備資金に不安がある方は、各保険会社が用意している「がん保険」は、最適な保険商品であり、加入することで不安を拭い去ることができます。

 

外科的手術】【放射線治療】【抗がん剤治療】の3大がん治療以外のがんに対する医療は日進月歩で、保険適用外の最新治療を求める患者も多いです。

 

ガン以外に他の病気やケガなどに対する保障もついて、ガン治療をはじめとした保険外診療の先進医療を受けたい方にとっては、医療保険に【先進医療特約】を付けるという選択肢もあります。

 

 

■がん保険の特徴

まず、第一に【医療保険】に比べて【がん保険】の加入の健康上のハードルは低いということが挙げられます。

 

【医療保険】では、過去の病歴や持病などを持っている場合に加入を断られることがありますが、【がん保険】加入する場合に一番の考察ポイントは「がんになるリスクを持っているか?」ですので、持病を持っていたり、過去に大病を患った場合でも加入できる場合があります。

 

あらゆる病気やケガなど幅広い保障を行う医療保険とは異なり、【癌(がん】という病気に対象を絞り、ガンによる手術や入院をした場合の保障を行うのががん保険になります。

 

第二の特徴としては、癌がんのみに病気の対象を絞っているので月々の保険料が安いことです。
がん保険では、ガンと診断された場合に【がん診断給付金】が受け取れること、【入院給付金】が支払われる入院日数に限度がないこと(一部無制限でないものもあり)も大きな特徴となります。

 

ただし、医療保険でもガンによる手術や入院をした場合の保障はされます。

 

しかし、医療保険の場合では、【入院給付金】や【手術給付金】といった保障は、退院後や手術後に支払われます。

 

そのため、入院時に必要となるケースが多い病院への保証金や入院時における生活費用は先に用意しておく必要があります。

 

がん保険の種類によっては、ガンと診断された場合に、治療前に「ガン診断給付金」が受け取れるものもあり、とても心強い保障となっています。

 

一般的な医療保険の場合では、1回の入院で入院給付金が支払われる日数に限度があります(30日までや90日までなど)。

 

それに対してガン保険では、入院日数が何日であっても給付金が支払われたり、再入院したとしても、再度給付金が支払われるため、ガンの再発などにもがん保険が適用されます。

 

なので、もし【癌(がん)】を患った際の治療を満足に受けたい、また治療費などに不安をお持ちの方は【がん保険】に加入しておいて損はないと言えるでしょう。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る