子供にかかる医療費を補助する【医療費助成制度】をご存じでしょうか?

例えば、東京都では、子どもの年齢や家庭の状況により3種類の医療費助成制度が設けられています。

 

年齢別や家庭の条件にとって医療費の助成を受けられる仕組みになっており、

 

①乳幼児医療費の助成制度(マル乳)

②義務教育就学児医療費の助成(マル子)

③親家庭等医療費の助成(マル親)

 

のように区別されています。


それぞれの医療証を受診時に医療機関の窓口に提示すれば助成が受けられます。

 

ただし、親の所得要件や対象にになる医療範囲は自治体により異なりますので、【医療費助成制度】について詳しくお知りになりたい方は、お住いの市町村窓口にご確認下さい。

 

各市町村は、少子高齢化を少しでも防止するために、出産祝い金などの制度を手厚くしているところもありますが、基本的には自己申告なので注意してください。

 

また、【医療費助成制度】を使用できたとしても、公的医療保険の対象となる医療費のみですので、保険適用外先進医療を受けた場合の医療費やベッド代などは対象外です。

 

いつなんどきでも、子供に満足のいく医療を受けさせてあげることは親の大事な役目であり、大切な我が子を守りたいという思いは、皆同じです。

 

もし、万が一の場合でも、安心して医療を受けさせてあげれる保障が、【医療保険】ですので、子供が生まれた場合には必ず加入しておくようにしましょう。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る