今日の日本では、家族の形態も多様化し女手ひとつで子どもを養育している母子家庭(シングルマザー)も増加しています。

 

母子世帯数をみると、

1998年:95万4千世帯

2003年:122万5千世帯

と、28.3%も増加しています。
(厚生労働省 平成16年度母子家庭の母の就業支援施策の実施状況 より)

 

シングルマザーが特に考えなければいけないことは、

【子供の生活費・教育費】

【自分の収入】

【自分が万が一の場合の子供の生活費・教育費】

 

シングルマザーは、仕事に家事、子育てと、ただでさえ生活に余裕がないので、出来るだけ月々の保険料は抑えたいというのが本音です。

 

子供の教育費ですが、幼稚園から大学まで公立に通った場合は、1000万円、私立に通った場合は、2000万円以上と言われています。

※文部科学省「平成18年度 子どもの学習費調査」より

※国民生活金融公庫研究所「平成19年度 教育費負担の実態調査(勤労者世帯)」
文部科学省「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」
文部科学省「文部科学省令」
独立行政法人日本学生支援機構「平成18年度 学生生活調査結果」より

 

●学資保険

●収入保障保険

 

万が一、自分に何かあったときでも子供の教育費は何とかしたい

 

そういうときに、便利なのが学資保険です。

 

学資保険では、ある程度の教育資金を効率的に積み立てることができます。

 

いざというときには、高校や大学の入学金をはじめとする学費を確保する保険ですが、学資保険には貯蓄型と保障型の2種類があります。

 

まず、貯蓄型ですが、教育費を計画的に積み立てることができます。

 

お子様の高校入学や大学入学時には祝い金満期保険金が支給されることとなります。

 

自分が万が一の場合(死亡もしくは重度障害になった場合)には、支払っていた保険料はそれ以後免除され、祝い金や満期保険金は確実に受け取ることができます。


保障型では、契約内容によって異なりますが、通常は貯蓄型の学資保険に、医療保障や死亡保障などを付加したより手厚い保障を付けることができます。

 

自分が万が一の場合には、死亡保険金が支払われるため、自立するまでの子供の生活費用にすることができます。

また、子供がケガや病気になった場合でも医療保障が受け取れます。

 

教育費用を貯めながら、万が一の場合の子供の生活費を確保できることを考えると、シングルマザーの方の場合、保障型の学資保険が良いでしょう。

ただし、保障型の学資保険の場合、充実した保障がある分、貯蓄型に比べて保険料が上乗せされています。

また満期保険金が支払った保険料よりも少ないケースもあるため、注意が必要です。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る