【独身生活】、【夫婦生活】の際に必要な保険を簡単にご紹介してきました。

 

本日は、【子育て生活に必要な保険】についてお話させていただきます。

 

独資から、結婚、そして子供を授かったとき、これらはすべて保険加入、また見直しのタイミングとされます。

 

まず、もっとも優先させることは【世帯主の死亡保障】です。

 

大黒柱である、世帯主が不慮の事故、または大病を患い亡くなってしまった場合、妻と子は路頭に迷ってしまいます。

 

子供が小さく、妻が働いていないとさらに問題は深刻となります。

 

子供を預けて働きに出たとしても、女で一つで子育てしながらブランク関係なく一端の社会人として給料をもらえるほど世の中甘くありません。

 

世帯主の死亡には、最低3000万円はかけておきましょう。

 

また、妻が死亡した場合、父子家庭でも大変な時代であるため最低1000万円の保障はかけておきましょう。

 

無駄な保険料負担を発生させないため、死亡保障の期間は末子の成人までの定期保険をおススメします。

 

お葬式代などの死亡整理資金にもそなえておきたいという方は、貯蓄性も考慮して300~500万円ぐらいの保障の終身保険を検討するとよいでしょう。

 

教育資金に関しては、授業料が高くなる大学入学時をターゲットに、私立高校に行かせる予定であれば、さらに早い時期に教育資金を準備するようにしましょう。

 

 学資(こども)保険には、保険期間中に親などの契約者が亡くなった場合に以降の保険料が免除され、かつ所定の学資金を全額受け取れるというメリットがあるタイプもあります。

 

貯蓄性の高い学資保険を中心に教育資金を準備しましょう

 

子供を育てていかなければならない大切な時期に病気やケガで働けなくなった場合の経済的負担ははかりしれません。

 

また、一度大病にかかってしまうと、健康状態の審査で保険の加入が難しくなるということもあります。

 

医療保険に加入していないという方は、健康なうちに終身型の医療保険に加入しておきましょう。


広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る