独身時代と違い生涯のパートナーがいる場合には、どの保険が必要なのでしょうか?

 

今回は、子供がいない夫婦で考えてみましょう。

 

まず、一番に考えないといけないことは、大黒柱である夫が亡くなった場合です。

 

もし、共働きであれば妻は一人で食べていくことができますが、専業主婦のように家庭に入ってしまった場合は、社会復帰はそう簡単ではありません。

 

万が一のときを考え、【パートナーの再出発資金】として世帯主には、定期保険で1000万円程度の死亡保障は最低でもかけておきましょう。

 

保障期間は、この先子供が生まれたり、住宅購入などで保険を見直すことも視野に入れ10年を目安として考えましょう。

 

さらに、パートナーの再出発資金とは別でお葬式代や死亡整理金にも備えておきたいという方は、貯蓄性も考慮し、300~500万円程度の終身保険に加入しましょう。

 

また、歳を重ねるごとに保険料は上がっていくので、健康で保険料が安いうちに終身型の医療保険も検討しましょう。

 

特に、出産を考えている女性は、妊娠してしまうと加入できる保険が限られるため、早期の加入が必要です。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る