生命保険は、”死亡”、”病気”、”怪我”など、予期しない出来事により経済的なリスクに備えておくために必要不可欠です。
しかし、保険選びはとても難しいのが現状。

難しいからといって、知名度がある大手の保険に入ると費用が多くかかり、結果的に後から後悔する方も非常に多いです。

実は、生命保険を選ぶときのポイントというものが3つあります。

それは、

①”どんなときにお金が必要か?”➡必要な保障

②”いくら?”➡必要な保障額

③”いつまで?”➡保障期間

をそれぞれ決めておくことです。

この必要な保障必要な保障額保障期間を具体的にすることで保険選びがとてもスムーズになります。

 

必要な保障

➡保険に入る目的は、主に、一家の大黒柱の夫や幼児のいる妻が亡くなったときに必要なお金を用意する「死亡保障」、病気やケガで入院したときに備える「医療保障」、老後の公的年金で足りない生活費を準備するための「老後保障」です。

 

必要な保障額

➡必要な保障額は目的ごとに異なり「死亡保障」は、亡くなった後の遺族の生活費や子どもの教育費・養育費などを用意するのが目的で、夫婦の職業、住まいは持家か賃貸か、そして、子どもの人数など各家庭の事情で異なります。

「医療保障」は、入院したときにかかる医療費の自己負担分や雑費などを準備しておくもので、入院1日当たり5000円~1万円が目安。

「老後保障」は、現役引退後の生活費を用意するのが目的です。

 

保障期間

➡保障期間も保障額と同様、目的ごとに異なります。

「死亡保障」は、夫と妻で考え方が違います。

一家の生計の主な担い手の夫は子どもが独立するまで(高校・大学卒業、就職するまで、20歳までなど)、妻は末の子どもが自分の身の回りのことができるようになるまでです。

「医療保障」は、高齢になるほど入院する可能性が高くなるので、一生涯が安心です。



広告
コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る