保険選びのコツ

生命保険

医療保険

がん保険

火災保険

自動車保険

学資保険

女性保険

自動車保険

海外旅行保険

などなど、保険の種類は様々な種類があります。

まず、初め知っておかなければいけないことがあります。

それは、

”保険選びは難しい”

ということです。

 

では、”医療保険・生命保険・ガン保険・火災保険・自動車保険

の選ぶコツをそれぞれ見ていきましょう。

 

医療保険

医療保険は病気やケガでの入院、手術などを保障する保険です。
特に重篤の場合、経済的な負担が大きくなることもあります。
また、看病をするご家族にとっても、今後の生活や収入など大きな不安材料となります。
医療保険を選ぶ第一歩は、もしあなたが入院したとき、どのようなことが起こるか想像するところから始めてください。
そして、本当に何が必要かを考えることが大切です。

7つのポイントを正しく理解し明確にしましょう

① 保険期間(いつまで)は?
② 支払開始(いつから)は?
③ 保険料払込期間は(いつまで)?
④ 入院給付金日額は?
⑤ 1入院あたりの支払い限度日数は?
⑥ 特に備えたい病気は?
⑦ 収入の目減りに備えますか? 

生命保険

生活するには収入が必要です。これは生活して行くうえで、欠かせないことです。
給与や賞与などの収入と生活費、住宅費、教育資金などの支出とのバランスが取れてこそ安心して暮らせますが、予期せぬ理由で収入確保が困難になったとき経済的リスクが発生します。
しかし、いつそれが起きるか誰にもわかりません。
生活費や教育資金などを預金で準備した後に起きるなら大丈夫ですが、それはよほど稀なケースです。
生命保険は、その経済的リスクがいつ発生しても回避できる手段として優れた金融商品の一つです。

生命保険を有効に活用するポイント

① 保障の目的、契約期間、そして保障額を明確に
② 目的に合った保険を自分で選ぶ
③ コストを抑えて効果は最大限に

がん保険

一生涯のうちにがんと診断される人の割合は、約2人に1人。
そして、がんで亡くなる方は男性では約4人に1人、女性では約6人に1人です。
実はがんは他人事ではなく身近な問題です。
リスクマネジメントの観点からみても、その確率と経済的損失、心理的ダメージを考えると大きなリスクです。
がん保険はがんリスクに備える有効手段の1つです。


がん保険を選ぶ3つのポイント

① 先進医療などの治療が保障の対象となっているか?【先進医療特約】
② 今後の治療および生活の質を維持するための資金が確保できるか?【診断給付金など】
③ 再発したとき対応できるか?【支払回数制限】

 

自動車保険

自動車保険は、交通事故の際、相手に対する賠償補償、ご自身の補償、お車の補償の3つの基本補償から成り立っています。現在は保険会社によって補償内容やサービス、保険料金も大きく異なる時代です。さまざまなリスク細分型商品もありますのでご自身に最適な商品を選択してください。

自動車保険選びのポイント

①価格と保障内容をしっかり見比べましょう。
②交通事故に遭ったときのことを想定し、保険を選びましょう。

 

火災保険・地震保険

火災保険は・ご自宅が火災、風災、水災などで被害にあった時に補償する保険です。
その他に、建物外部からの物体の落下や衝突、盗難などによって発生した損害を補償するものがあります。
地震による被害は補償の対象外ですので注意が必要です。
地震保険は単独加入できませんので、必要な場合は必ず火災保険に付帯してください。
尚、地震保険の補償は、火災保険の補償に対して、どんなに多くても半分までしか補償されませんでしたが、最近では100%補償の商品も出てきました。
保険料とのバランスを考慮しながら検討してみてはいかがでしょうか?

 

火災保険選びのポイント
①高台にあるお宅やマンションの高層階などは水災補償を対象外にしたり、お住まいの設備により割引適用ができる場合があります。
②補償内容や割引条件をしっかり把握しましょう。

スポンサードリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る